あなたが稼げない理由をここで解明

あなたの奥に”価値”が爆睡しているよ。

アイキャッチ 思考

少年六条の欠点

六条「青田先生、僕が動かないほうが先輩たちが真ん中に来ないので
パスコース把握しやすいです。
逆に僕が動き回った方が変な位置でボール取られて返って危ないですよ。」

青田「お前ふざけてんのか?動かないでどうやってボール取るんだよ。
校庭10周して頭冷やしてこい。

六条「嫌です」

三か月後…。

おい六条!おまえは動かなくていい!真ん中にずっといろ!
グラウンドに響く
”大豆”こと顧問の青田の声…

足は動かさなくてもいいから首だけ振っとけ!
とかすれた声で叫ぶ
”モヒカン”ことコーチの林田。

 

六条がまだ14歳のときの話です。1000年ちょっと前の話です
(設定がガバガバなのは許してくださいね)

当時私はサッカーに明け暮れていました。
中学校2年生ながら、3年生の試合にスタメンで起用されていました。

それに対して嫌悪を抱く先輩や同級生もいたんですよ。
(そいうの超怖いですよね。)

なぜなら、少年はそこまでサッカーが出来た訳ではなかったから。

周りの嫌悪の原因は私の決定的な弱点にあるだろう
スタミナの無さと、体の小ささ・弱さです
分かる方は分かるだろうが、中学のサッカーとなれば、
体のぶつかり合いになり、
体格とスピード勝負の世界。(そんなような気がした)

そんな環境の中で、本来であれば切り捨てられる私が
何故試合に出ていたのか…。

それは、自分の得意な事を最大限に使っていた、
と共に、自分の不得意な事も有効に使っていたからである。

私の不得意なことと言えば、先に挙げたような
体力を使ったり、体を使うこと。
では逆に、得意な事は
視野の広さ、ボール捌き。でした。
正直、これだけは市内の誰にも負けている気がしなかったし
実際負けていなかったと思う。

「県内じゃねーのかよ!」と思った人は呪いますね。

まあそんなことは置いておいて、

私は、その得意不得意な点を考え、
通常では考えられない使い方をしていました。

「青田先生、僕が動かないほうが先輩たちが真ん中に来ないので
パスコース把握しやすいです。
逆に僕が動き回った方が変な位置でボール取られて返って危ないですよ。」

当然冒頭に書いたように、その考えは否定された。
ですが、私は小学校からそのやり方で勝ち進んできましたし、
より強い先輩たちが周りにいれば上手く機能する確信がありました。

やはり…

練習試合でやってみるとまあ不思議。
どんどん点が入っていく。

がむしゃらにボールを追いかけて味方の位置や、
スペースを把握していない状態で、
私がまぐれでボールを取れればすぐに奪われて失点するパターンも、
このやり方であれば心配はない。

寧ろ、私が立ち止まっていたほうが、
皆の位置が把握できて、ボールを貰った瞬間にパスを出すことが出来るので
アシストが量産できた。

価値は作るのではなく、上げる。

ちょっと自分語りが過ぎましたかね。
ただ、特別凄い事でも無いのですよ。

先の話をビジネスとして考えてみてください。
当ブログの読者様には
商品開発・商品の価値で悩んでいる方が多いようですが。

自分の得意なところだけではなく、不得意なところにでも
価値を見出せますよ。
見せ方次第で。

例えば、肥満体質でダイエット中の方なんかがよくやってしまうミスで、
痩せる運動の紹介をしてしまうのですが、
これは、ダメです。
そもそも、痩せたい人は、”痩せ終わった人”にしか興味ありません。
結果が著しく出ている人ではないとだめですね。
【痩せている途中】の情報には興味は無いのですよ。

自分が太っているなら、
【太っている人でもカロリーを全然気にせず食べれる料理のレシピ。】
例えばですけど、こんなのでもいいよね。究極は。
それなら、現在進行形で”痩せている途中”でも
説得力があるはず。

サッカーの例が分からない方のために説明すると…
本来恥じるべきところでも、
それを出す環境・状況を変える、もしくは作れば
それが人に求められる。

 

そして、この考え方の驚異的なところを紹介すると、
この考えのもとでターゲットや商品を決めると、
希少性が高まり、あなただけの市場を独占しやすいです。
※なぜそうなるかはここでは話せないので、
公式LINEでご質問ください。
https://line.me/R/ti/p/%40116zkgey

商品は誰でも作れる

まあ本当に、自分の経験を辿れば商品なんてものは無限に作れます。
速度に関しても、早く作れます。
だって今まで抱えてきた悩みとかなら、経験なんてもう既にあるでしょ?

同じような悩みを抱えている人間なんてのは沢山いるものですよ。
例えば、一日に髪の毛が2m伸びる。みたいな悩みは稀有ですけど(笑)

なので、私も最初は思いつきませんでしたが、
スタミナが無い小さいサッカー選手へのコンサル。
とかも出来ちゃう訳ですね。
この記事のような考え方が早く根付いていれば、
商材に騙されることもなく、
何を勉強したらいいか路頭に迷うこともなく、
もっと早く収益をたくさん得て、今頃引退していたかもしれませんね。

…そうすればこうしてブログを通して私の情報をお届けする事もできないのだけど(笑)

自分の価値でも、
これを求めているのはどういう人か、どういう時か、
これを考えてくださいね。
ここも一緒に出来ないと誰も興味のないものになってしまいます。

今回は以上です。

PS:この話は本当に大事です。
実際これを意識できればすぐに稼げる方もいますし。
もっと理解を深めたい方は下のラインからご連絡ください。

PPS:因みに私はその後、先輩からの
いじめのような、圧力のようなものに耐えきれず、
幽霊部員になっちゃいました。
だってめちゃくちゃ怖かったんだもん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました